トップ

歯科医師を目指して勉強する

歯科になりたい場合

セラミック

歯科医師を目指すときの大学

さまざまな職業選択ができる現代において、資格を有する職業が特に人気となっています。中でも医療系はやりがいや給与面でも魅力が高く、志す人も多くなっています。例えば歯科医師を目指す場合には、歯学部のある大学に行くのが一般的です。6年間しっかりと医学の知識を学び、その後国家試験を受けます。大学病院に勤めるほか、個人医院で働いたり、自分で医院を開業するなど、さまざまな働き方があります。歯学部に入学するのは難しい場合も多いですが、医療系専門の予備校もあるので、歯科医師になりたい場合には、夢や目標のために頑張りましょう。

大学の歯学科について

日本の大学には歯学科という学科があるところがあります。志望する人は、歯科医になりたいからという理由の人が大半です。そこで、歯学科を志望する際の学費についてまとめてみました。まず、年間授業料は大学によって異なりますが、ある歯学科では1年次年間300万と、とてつもなく高いです。しかもそれに加えて施設設備資金が年間170万円、教育充実料が年間160万円を要するので、結局年間530万円かかることになります。奨学金制度があるにせよ、歯学科は6年制なので3180万円と金利を卒業後に返済しなければならなくなります。もはや歯科医を目指す人は貴族並みの家に生まれないと入れない、そういう印象を受けます。そしてここに日本の貧困層と富裕層の大いなる格差を感じました。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医師を目指して勉強する. All rights reserved.